◇ ホームページを開くにあたって
ひょんなことからホームページを開くことになりました。

自分のホームページを開くことなど思ってもいなかった僕は、以前から何度となく、その気になったらすぐに作れるよというサイトを運営している友人の勧めにもなかなかその気になれずにいました。どちらかというと石橋をたたいて渡るというタイプの決断をする僕にとって、ホームページを作るということに対して興味がなかったわけではなく、逆に日々の情報などはインターネットに頼ることのほうが多いくらいで(頼りすぎるのは危険だと思ってもいるけれど)、情報を享受する側としては、こんなに便利なものはないとさえ思っているくらいです。

しかし自分自身のものということになると話は別で、下手なものは作れないという気負いのようなものも芽生えてくるし、そこまでして作りたい何かがあるんだろうかとか、変に真面目くさっていろいろと考えてしまう性質で、もっと気楽に作ればいいじゃないかと思いながらもなかなかそう出来ないでいました。いよいよ作ってみようと思い決めたことになんら劇的なきっかけなどはなく、ただ機が熟したというほかありませんが、それも少し大げさな感じで、まあやってみるかといったような感じでしょうか。デザインや構成などはできるだけシンプルにしたいという希望を友人に伝え、彼の全面的な協力によってご覧いただいたようなものになりました。

このブログでは、自分の中のいろいろなことを、言葉でスケッチ、というとちょっとかっこつけすぎですが、親しい人に話すように気軽に書いていければと思っています。タイトルの「ごはん」は、食べるものというのは、自分を成り立たせている、あるいは自分の成り立ちに少なからず反映しているものとしてとても重要なものだという思いで付けました。僕自身食べることは好きだし、料理をする(といえるかどうか)ことにも面白みを感じています。日々の食べ物はつまるところ絵を成り立たせている要素のひとつでもあると思っています。

最初はなんだかよくわからないかも知れませんし、そう頻繁に更新することもできないと思いますが、続けていくことで、ぼんやりとでも何かを感じてもらえればと思います。写真なども添付しますので、気軽に楽しんでください。

まあとにかくはじめてみますので、よろしくお願いします。      

◇ ホームページを開くにあたって_a0054925_12293482.jpg小 林 孝 亘


◇ About opening my own web site.

I opened my own web site unexpectedly.

Usually I want to consider about one thing for a long time. It's my character.
So I didn't want to have own web site when my friend who managed web site asked me that "do you want to open your own web site?"

I have had interest in making my own web site, and I often get everyday information and so on by the internet(But I also think about it's dangerous to depend too much). I have felt that the computer is such a useful tool since several years ago.

But it is different about my own web site. I worried that if I can’t make good one, and I asked me "is that really necessary for me?"
"Do I really have something which I want to make it?" I was very serious by my character at that time. But I wanted to think about that more easily. I could not do like that. It was also by my character.

It wasn’t by dramatic reason when I decided to make my own web site.
I think It was only "Time was ripe” It is a feeling exaggerated a little. In fact, it’s a feeling like “Anyway let's try!”

I wanted to make it simple design and composition, and I told to my friend my idea. At last, my web site was completed by his perfect cooperation.

I'll try to write my feelings that I felt in my everyday life. I hope that I can write this web log same like to talk to a close person. I have thought about "Meal" can make my existence or influences a great deal that origin for a long time, so I gave the titled "Meal" to this web log. I like to eat and interested in cooking (whether it can be called cooking).After all, I think that "everyday meal” is one of the elements of which my paintings is exist. I really think so.

It might not be understood well in the beginning, and I think that can’t up-date very often. But I wish someone feel something else by keeping on writing for a long time. I'll attach photographs too, so please enjoy it lightheartedly.

Anyway I'll try to begin!

Takanobu Kobayashi
by kobabkk | 2005-11-27 12:30
<< ◇ 住まいはアトリエ


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29