◇ 押し寿司
日本に住んでいると自分で料理を作ることが少なくなります。家族と一緒に住んでいるというのがおもな理由ですが、アトリエまで片道約一時間かけて通っているので、なかなか料理を作る余裕がありません。たまに料理をするというと休日くらいですが、この連休は久しぶりに押し寿司を作りました。

押し寿司はチェンマイで初めて作りました。妻がチェンマイ大学での一年間の研修の最後に展覧会をすることになり、そのオープニング・パーティーに寿司を振舞おうということで作りはじめました。練習で自分たち用に作ったときは、2人分なので量も少なく上手く出来ましたが、本番では約50人分を作るつもりで米を一升炊きました。

パーティーは午後からでしたが、4時間押しをかけることにしていたので、朝5時半ごろから米を炊き始めました。チェンマイではずっと、食べるごとに土鍋で2人分のごはんを炊いていました。しかし1升ともなると土鍋というわけにもいかず、はじめからキッチンにあったものの、一度も使ったことがなかった5合炊きの電気炊飯器で5合炊き、いつもはカレーなどを作っている大鍋であとの5合を炊きました。

大鍋のほうは火加減などまあ慣れたもので難なく炊けましたが、電気炊飯器のほうは失敗してしまいました。なにぶん使うのは初めてで、その上スイッチの表示が消えていて、しかもその炊飯器には保温もついていて、つまり、ただスイッチを押して炊いたところ、押したスイッチは保温のスイッチで、なかなか炊き上がらないと思ってふたを開けて見たら、炊けているところとまだ芯のある生のところが混ざったとても寿司に出来るようなものではありませんでした。水を足しながら生の部分が無くなるまで追い炊きして、あまりひどいところは取り除いて作ることにしました。

作り方は、炊いたご飯を酢飯にして、ラップを敷いたバットにまんべんなく敷きつめて、その上に具を載せ、上からまたラップをかけて重石を乗せて押しをかけるというものです。
チェンマイでは、酢飯は日本でもおなじみの粉末の寿司飯の素を使いました。具はエビ、しめさば、うなぎ、スモークサーモンの4種類で、これらは日本食を売っているスーパーで難なく手に入るものばかりです。エビには細切りの昆布、しめさばにはガリ、うなぎにはのり、スモークサーモンにはとろろ昆布をそれぞれの具に下に敷きました。

レンガで重石をして4時間待ち、出来上がった寿司を一口で食べれるようにとサイコロ型に切ることにしました。しかし上手く炊けなかったごはんを使った寿司は、しっかり固まらず切るたびにぼろぼろとこぼれ落ちて、手で押さえながらだましだまし何とか切り終えました。パーティー会場で盛り付けをしたときにもさらにごはんはこぼれ落ち、しかしパティーが始まったとたんにあっという間に売切れてしまいました。来てくれたタイの人々は、口々に美味しいと言ってくれましたが、ごはんがこぼれ落ちるのは自分の箸の使い方が悪いからだと誰もが思っているようで、なんとも歯がゆい思いでした。

日本で作った押し寿司は、さすがに好みの魚貝類はいくらでも売っていて、何にしようか迷いましたが、作る量も少ないので、たい、しめさば、エビの3種類を、小さめのバットにまとめて作りました。今回は、酢飯には液体のすし酢を使い、たいには細切り昆布、エビにはとろろ昆布、しめさばにはガリを敷きました。本を重石代わりにしてやはり4時間近く押しをかけました。東京で美味しい押し寿司を買おうと思えば買えますが、自分で料理した味には作る楽しさも入っている気がします。

小 林 孝 亘
                     上出来!
◇ 押し寿司_a0054925_1715242.jpg
◇ Oshi-zushi ( lightly-pressed piece of sushi topped with cooked ingredients )

It is rare to cook by myself when I live in Japan because my wife and mother cook for me everyday. Additional, I don’t have time for cooking because it takes time to go to my studio for about an hour. However I sometimes cook on holiday. I cooked Oshi-zushi this “Golden week” holidays.

I cooked Oshi-zushi in ChiangMai the first time. My wife had an exhibition at the gallery in the ChiangMai University as a result of her one year study in there. We had a plan to serve Oshi-zushi at the opening reception of the exhibition. I made it as practice for our dinner several times. It did well because it made not so much. But I had to make it for fifty people at the party therefore I boiled two kilograms of rice.

Party begun in the evening but I started to cook from 5:30AM in the early morning because it need for four hours to complete Oshi-zushi. I boiled rice by ceramic pot for two people in ChiangMai. But I boiled rice by electric rice cooker and large stainless pan at that time because I must boil two kilograms of rice.

The rice cooked with large pan was successful, but other cooked with electric rice cooker was unsuccessful. At any rate, I used that for the first time. What the dickens!
I pushed on switch of heater not switch of boil. I added water and do boiled over again. But it was mealy.

Oshi-zushi is lightly-pressed piece of sushi topped with cooked ingredients.
I used instant powder vinegar for the vinegar rice. Sushi items were boiled shrimp, vinegared mackerel, charcoal broiled eel, and smoked salmon. I could buy them at supermarket in ChiangMai. I put shredded seaweed under the shrimp, picked ginger under the mackerel, dried laver seaweed under the ell, and kelp flakes under the salmon.

I pressed rice with some bricks for four hours. Then I tried to cut it into bite-size pieces. But that was very difficult, because rice was too mealy! It was break down easily. Despite this, these were run out soon at the opening party. Everyone said that is delicious. It would see that every Thai people thought that sushi breaks because they are awkward at handing chopsticks. I felt indebted….

I used sea-bream, shrimp, and vinegared mackerel for sushi items in Japan. I used real liquid vinegar for the vinegar rice in this time. I put shredded seaweed under the sea-bream, kelp flakes under the shrimp, picked ginger under the mackerel. I pressed rice with some books for four hours. Of cause I could cut them easily. It is easy to buy delicious Oshi-sushi in Tokyo. But it is pleasant for me cooking it by myself.

Takanobu Kobayashi
◇ 押し寿司_a0054925_17193738.jpg
Well done!
# by kobabkk | 2007-05-03 17:25
◇ 近況など
しばらくご無沙汰していましたが、このところずっと、4月末から始まるグループ展のための新作を2点描いていました。作品はすでに仕上がって美術館に納めました。1点は50x60cmの小さなものですが、もう1点は2.7mx5.4mの大作です。筆を置いたときはいつも、あと一週間あればと思いますが、もしあと一週間描いたとしたら、また同じことを思うのだと思います。今は制作も少し落ち着いて、4月のアートフェアーのための作品を描いています。2月はずっと追い込みだったのでアトリエにこもる毎日でしたが、逆に近くの飲み屋で飲んで帰る回数は増えました。まあ飲んでも1~2杯ですが、制作で高まった気分を鎮めるのには、これは自分にとって最適で必要なことですね。

すでに始まってるものも含めて、近々始まる展覧会をいくつかお知らせします。興味があればぜひ観に来てください。

☆「美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」終了しました 
2007年3月17(土)-7月17日(火)
10:00~17:00(3月)10:00~18:00(4~7月)
休館日 水曜日・3月22日(木)(3月21日・5月2日は開館)
ビュッフェ美術館
〒411-0931 静岡県長泉町クレマチスの丘515-57 Tel.055-986-1300
美術館ホームページ http://www.buffet-museum.jp/003_kikaku/miffy.html
◇ 近況など_a0054925_8494556.jpg




☆「アートフェアー東京」 終了しました
2007年4月10日(火)~12日(木)
東京国際フォーラム 展示ホール1 西村画廊ブースC01
〒100-0005東京都千代田区丸の内3-5-1 Tel 03-3286-6716
ホームページ http://www.artfairtokyo.com/ 
◇ 近況など_a0054925_8501191.jpg




☆「開館記念《生きる》展 現代作家9人のリアリティ終了しました
2007年4月28日(土)~7月16日(日・祝)
10:00~18:00(4月28~5月6日は20:00、6月からは19:00(土は20:00)まで)
休館日 毎月第一月曜日(5月7日、6月4日、7月2日)
横須賀美術館
〒239-0813 横須賀市鴨居4-1 Tel 046-845-1211(代表)
美術館ホームページ  http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/03.html
◇ 近況など_a0054925_8504060.jpg



☆「小林孝亘 潜水艦からポートレートまで 1988~2007」終了しました
2007年5月15日(火)~6月9日(土)
10:30~18:30
休廊日 日曜 月曜 祝日
西村画廊
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-10-8 日本橋日光ビル 3F
Tel. 03-5203-2800 Fax. 03-3231-2010
画廊ホームページ http://www.nishimura-gallery.com/
◇ 近況など_a0054925_7552655.jpg

                    



◇ My recent situation

I haven’t renewed this page for a long time. I had painted new paintings for the group exhibition on April recently. Two paintings transport to the museum already so I’m little bit relax now. One painting is small as 50x60cm but another one is huge as 270x540cm. I always feel that want to paint a picture for moreover one week. But I’ll feel same feeling if I have more than time. Now I have painted new paintings for the “Art Fair Tokyo” on April. I worked from early in the morning everyday in my studio because I have to finish my work till end of February. It increases of frequency to drink at the bar on my way home. I drink there a little liquor. But it is my favorite way to relax when I’m busy.

Exhibition information (included already open)
Please come to see the exhibition if you have an interesting.

Closing
☆Let’s go to the museum! How to enjoy modern art learn to Dick Bruna
March 17(Sat) - July 17(Tue) 2007
10:00~17:00(March) 10:00~18:00 (April to July)
Closed on Wednesday and March 22(Thu) (March 21 and May 2 are open)
Buffet museum
515-57 CLEMATIS-no-oka,Nagaizumichou, Shizuoka 411-0931 Japan.
Tel 055-986-1300
Web-site http://www.buffet-museum.jp/003_kikaku/miffy.html 

Closing
☆ ART FAIR TOKYO 2007
April 10 (Tue) – 12 (Thu) 2007
10(Tue) 10:00~20:00
11(Wed) 10:00~21:00
12(Thu) 10:00-17:00
Tokyo international forum B2 Exhibition hall
Booth No. C01 Nishimura Gallery
3-5-1 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 100-0005 Japan
Web-site http://www.artfairtokyo.com/
 
Closing
☆Opening Exhibition “Vital Signs”Reality of nine contemporary artists April 28(Sat) - July 16( sun・holiday) 2007
10:00~18:00 *~20:00 Apr.28 to May 6./~19:00 from June(Sat.~20:00)
Closed on every first Monday(May 7・June 4・July 2)
YOKOSUKA Museum of Art
4-1 Kamoi, Yokosuka, Kanagawa 239-0813 Japan.
Tel 046-845-1211
Web-site http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/03.html

Closing
☆ KOBAYASHI Takanobu From Submarine to Portrait 1988-2007 May 15(Tue.) ~ June. 9(Sat.) 2007
10:30 ~ 18:30
closed on Sunday, Monday, National Holiday
NISHIMURA Gallery
2-10-8 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo 103-0027 Japan
Tel. 03-5203-2800 Fax. 03-3231-2010
Web-site http://www.nishimura-gallery.com/

 
# by kobabkk | 2007-03-26 08:39
◇ アトリエまでの道のり
東京のアトリエまでは、住まいから電車とバスを乗り継いで一時間弱の道のりです。アトリエのすぐ近くにバス停があるのでずっとバスを使っていましたが、地下鉄の駅も徒歩圏内にあります。もともと歩くのは好きで、このところはずっと地下鉄で行くようになり、ゆっくり歩いても20分くらいの道のりですが、公園を通るコースを選んで景色を楽しみながら通っています。

歩くことが好きだと自覚したのはいつ頃だったかは覚えていませんが、記憶をたどってみると、10年近く住んでいた大阪で、中学の頃にやはり最寄りの駅までの道のりを歩くときに、いくつかの違ったコースをその日の気分で通っていたことを思い出しました。気に入ってよく通っていたのがチンチン電車沿いの道で、秋に鼻をかすめる金木犀の香りが印象に残っていますが、春休みが始まる頃の、寒さも和らいでぽかぽかした小春日和にその道を通ったときの気持ちよさは、大人になってもこんな感じで平日にのんびり散歩が出来たらなと思ったほどでした。そして小説家(これはサザエさんのいささか先生のイメージですが)になればそういうことが出来るかもしれないと思ったのでした。

絵描きもイメージ的には小説家のような自由業で、昼食の後にたまに散歩したりしますが、忙しくなってくるとただぼんやり無目的に歩くという余裕がなくなってきます。しかし余裕が無くなっているときだからこそふっと息を抜く時間が必要なのですが、なかなか実際は上手くいかずアトリエにこもりきりになりがちです。中学の頃のイメージとは少し違うのですが、このところのアトリエまでの短い道のりは今までの東京での制作に比べると何か新鮮な感じがしています。

小 林 孝 亘
◇ アトリエまでの道のり_a0054925_20361968.jpg

◇ A distance to the studio

A distance to my studio in Tokyo is for about one hour takes the train and the bus. Bus stop is near the studio so I had taken that method before. But it can take a walk from the subway station to studio also. It takes 20 minutes to walk from the subway station. In these days I have taken the subway because I like to walk since before. I enjoy taking a short walk.

I don’t remember when I become conscious that I like waking. But I remember that chose a different course with my feeling of the day when I go to the closest station from my house when I was the junior high school student in Osaka when I trace my memory. My favorite route was a course along the railroad track at that time. I was impressed with the scent of the orange osmanthus of autumn. And I'll never forget the pleasantness of walking in fine day of the early spring. I hoped that it could take a walk freely on weekdays with such feeling even if I grew up. Then I thought that it is possible, if I became a novelist, because novelist can decide his working hour and rest time by himself.(This idea is affected by Mr. Isasaka novelist in Japanese comic "SAZAE-SAN")

I think that image of a painter is also like a novelist to ordinary people. Certainly I sometimes take a walk after the lunch like a novelist. Because Change of pace is very important to my work. Walking is very good for a change of pace for me. But I can't afford to walk without purpose when my work is busy. So distance to the studio is a good thing for me. I feel freshness with walking to my studio recently.

Takanobu Kobayashi
# by kobabkk | 2007-01-29 20:38
◇ 年末のテロ
元旦の朝に聞いた、31日のバンコクでの連続爆弾テロのニュースには驚きました。今回のテロがあった場所の中の2ヶ所はバンコクのアトリエから歩いてもいける距離にあって、その他の場所も普段からよく行く場所なので、爆発の規模はそう大きくないということですが、バンコクにいたら自分が被害に遭ってもおかしくないと思いました。とは言うものの今は東京で、元旦は朝からお酒を飲んでご馳走を食べていました。

思うに今までタイで何かが起こったときはいつも東京にいました。クーデターもそうだったし、津波のときもそうでした。別にそういった事態を予測して避けてきたということではまったくなく、実は父が亡くなったときも逆にバンコクにいて死に目にはあえませんでした。だからこれは運としかいえません。

今年は5月末にバンコクに戻りますが、空港も場所が変わって新しくなったし、去年は10ヶ月チェンマイに住んでいたので、バンコクはいろいろと変わってるのではないかと思っています。

小 林 孝 亘
◇ 年末のテロ_a0054925_9195854.jpg

◇ Terrorism of year end

I'm surprised at the news of terrorism in Bangkok on 31 Dec. that I heard in the morning of New Year. Two places of happened terrorism were near my studio in Bangkok. And I have gone to the other places of happened terrorism very often since before. Therefore I might have been damaged by the terrorism this time if I’m in Bangkok. It isn’t strange thing at all. Though I thought like that, I had drunk a wine and eaten a banquet from the morning of New Year.

When reconsidering, I was always in Tokyo when something occurred in Thailand. Coup d'etat was also. TUNAMI was also. I did not avoid these things by my six senses at all. In fact, I was in Bangkok when father died. So I think that it is my destiny.

I’ll return to Bangkok on May. New airport have opened at new place already. I'll feel that city of Bangkok changed variously because I lived in ChiangMai for ten month last year.

Takanobu Kobayashi
# by kobabkk | 2007-01-03 09:21
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。_a0054925_955076.jpg

A  Happy  New  Year!

 
# by kobabkk | 2007-01-02 09:09


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29