◇ 台所は水の部屋
タイの住宅(特に賃貸)のもうひとつの特徴として、外国人(あるいは富裕層のタイ人)向けの高級住宅を除いて一般的な住宅にはまずキッチンは付いてないということが言えると思います。たまにベランダなどに流しが付いているところもありますが、これは珍しいタイプで、ちゃんとしたキッチンが付いているアパートだとプールもメイド部屋もあってという感じで高級です。文化庁の在外研修で初めてバンコクに一年間滞在したときはこういうところに住んでいました。

ごはんは家庭で作るものという感覚がまあ一般的な考えとしてある日本に比べると、タイではごはんを家庭で作るということが一般的なことだとは言えないように思います。家庭で作るのではなく買ってきて家で食べるという感覚でしょうか。だからキッチンは必要不可欠なものではないのかもしれません。それはいたるところに食べ物を売る店があり、もちろんその場で食べられる屋台や食堂もあり、コンビ二以外でも24時間どこかしらで、しかも安くておいしい何らかの食べ物が手に入るという状況によるところが大きいと思います。

都市の基礎構造の面から見ていくと、タイには都市ガスの設備がなく、ガスはプロパンのガスボンベを買って使います。だからなのかバンコクの一般の家庭では、電気ポット、電気炊飯器、電気コンロあるいは電気鍋(日本ではよく通販とかで売っていて、すき焼きとか焼肉とか何通りかも使えるやつ)などの電気調理器を使うことが多いようです。しかし僕の経験では、電気調理器はガスに比べてやはり熱量が弱いので、炒め物などをするにはテクニックを駆使しないとうまくいきません。逆にカレーとかシチューなど、じっくり煮込む料理には適しています。屋台などでは炭火を使っていて、一般の家庭で使っているところもあるようですが、焼き物などは炭火で焼くだけで何でもおいしくなる気がします。

アトリエにもキッチンなどもちろんなく、洗面所を無理やりキッチンにして使っています。ホームページのタイトルの「水の部屋」というのは「ホーン(部屋)・ナーム(水)」というタイ語を直訳したもので、洗面所(トイレ)を意味します。タイの洗面所はたいていシャワーとトイレとがワンセットになっています。写真の簡易キッチンの斜め後ろには便器があり、その奥にシャワーがあります。どうしてそういうタイトルを付けたのかはちょっと考えてみてください。

考えてみれば、ひとり分の食事なら外で食べるか買って来るほうがよっぽど安くつくのは特にタイの場合明らかです。アトリエのすぐ近所にもやはり屋台や食堂があり、斜め向かいは日本の食材なども売っているスーパーで、なんとアトリエの斜め向かいの部屋は食堂で、といっても住人しか知らない住人のための食堂で、いくらでも食べるものには困らない環境なのにもかかわらず、あえて自炊をするというのは、単に料理をするのが面白いということもありますが、いくらタイ料理がおいしくて好きだといっても、ベースになるものはやはり長い間自分の体になじんだ味(といっても適当に作りますが)がいいということでしょうか。長く暮らせば暮らすほど、舌は正直になってその傾向は強くなってきているように思います。味覚というのはなかなかに保守的なものですね。

小 林 孝 亘

a0054925_0584351.jpg
◇ Kitchen is a room of the water

Typical residence in Thailand (especially rental) doesn’t have a kitchen except of the residence for the foreigner and the rich Thai people. Some of residences have a kitchen at the balcony, but it is rare. There are the residence with swimming pool and maid room if the residence has a kitchen. And it’s high-class. I lived in the residence like that when I stayed in Bangkok for one year under a grant from Agency for Cultural Affairs in Japan.

Cooking for the meal at home isn't popular in Thailand as compared with Japan. In the home in Bangkok, meal isn’t prepared at home but food is bought in the shop and it eats at home. Kitchen might not be absolutely necessary equipment in Thailand. It also has the shop that sells food everywhere, and has the stall and the open air restaurant eaten of course in the place, and I think largeness depending on the situation of always obtaining a cheap, delicious, some food for 24 hours a day somewhere.

When seeing from the direction of the infrastructure, the city gas isn’t equipped in Thailand, and when people want to use the gas, they have to buy the gas canister of propane. Therefore, it often seems to use an electric jar, an electric rice cooker, and electric cookers such as an electric stove or electric pans -it is looked like sold by the mail order in Japan- in a general home in Bangkok.

But energy of the electric cooker isn’t strong as compared with gas cooker, so in my experience, I have to use some skill for a cooking when I cook by electric cooker. However it‘s good for cooking that be boiled for a long time, for example curry or stew. A stall is using charcoal for a cooking and some of general home is using it also. Any food is so delicious if broiled by charcoal, isn't it?

There isn't a kitchen of course in my studio but I am using a lavatory as a kitchen by force, so a kitchen is partly on a lavatory. The title of this web site “Room of the water” is direct translation from the Thai word “Hoong naam”. "Hoong" mean a room and "Naam" mean a water. So "hoong naam" mean a lavatory.

A lavatory in Thailand is usually set of a toilet and shower. At an attachment photo, toilet is behind a kitchen and a shower is more behind a toilet. Would you please try thinking about why I gave the title like that to my own web site?

I think that buying some food or eating at the cheap restaurant is cheaper than cooking myself especially in Thailand. There are a cheap restaurant and stall near a studio. A supermarket that sells some Japanese food is across from the building of a studio, and to my surprise, restaurant (it knows only resident) for a resident is opposite room from a studio. In spite of my environment about food that isn't inconvenient I want to cook myself. I think it isn't only I like to cook but also even if I like to eat Thai food, taste that got used for a long time is better. My tongue became honesty the longer I live in Thailand, the more. A taste is quite conservative isn’t it?

Takanobu Kobayashi
# by kobabkk | 2005-12-16 01:23
◇ 住まいはアトリエ
バンコクではアトリエで暮らしています。

7階建ての雑居ビルの一室にあるアトリエは、以前オフィスとして使われていたそうです。広いワンルームの床は白いタイル張りで、一ヶ所ガラス戸で仕切られています。角部屋で東と北にある窓は外に向かっての開放感があり、初めて見たときはまったく何もない白い空間で、これは使えると思いました。

バンコクで部屋を借りる場合たいていは家具付きで、少なくともベッドにクローゼット、椅子やテーブルなどが付いています。それではかえってアトリエとして使うには都合が悪く、逆に何もないこの部屋はアトリエにもってこいの空間でした。最初は住むための部屋を別に借りるつもりでしたが、ぜんぜん住めるじゃないという思いが強くなって、これはそう深くは考えずにまあ住んでみるかという感じで、最低限必要なものを買い揃えて暮らし始めました。今から6年前のことです。

買ったのは、ソファベッドに寝具、調理用の電気コンロに電気ポット、それに椅子2脚で、作業用の大きな机、本棚、仮設の壁等は自分で作りました。ここでの生活には、冷蔵庫、テレビ、洗濯機などの一般的な電化製品はありません。絵を描く場所にはいらないと思い、結局これらは買いませんでした。今現在ここにある電化製品は、最初から付いているエアコンが1基(これは必需品ですね)、ラジカセ、フロアライトなどの間接照明がいくつか(絵を描くときは昼でも蛍光灯をつけているので、夜は白熱灯のオレンジの光が安らぎます)、ドライアーにアイロン(この2つは無くてもそう不自由しないけどなぜかある)、ファックス、それにノートパソコンです。電話回線は2本あって、使っているのは1本だけです。

ノートパソコンを買ったのは2000年で、日本とはメールでやり取りができるようになって、DVDで映画などを観ることもできるようになりました。冷蔵庫は今でも時々買おうかどうしようかと電気店の店頭で迷うことはあるし、やはり冷たいものは飲みたいので小さいクーラーボックスを買い足しました。これに氷を入れてビールなどを冷やしています。これだけ揃えば、ここは絵を描くための場所だし、食事は自炊だけでなく外食もするので今のところ十分です。とは言うものの、アトリエで暮らすのは初めのことで、最初は結構きつかったけれど、今はだいぶ慣れてきたというところでしょうか。

小 林 孝 亘


a0054925_0505244.jpg◇ Residence is Studio

I live in the Studio in Bangkok.

My Studio that was an office before is at the seventh floor of the apartment-office complex. The room is one large room and one corner is partitioned by glass door. There are two openhearted windows at the east and the north side. I felt that can use as a studio in that moment when I saw the space of the empty and white wall for the first time.

Usually there is placed the furniture, for example bed, closet, chair and table, if the room is rented in Bangkok. That is inconvenient if I want to use that as a studio.
But that room is convenient to use as a studio, because there is nothing. At the beginning, I intended to rent another room as a residence.

I bought a sofa bed, bedclothes, an electric cooker, an electric pot and two chairs at that time. Large working desk, bookshelf and temporary wall were self-made. There are no general electric products, refrigerator, television, wash machine and so on in here. I didn’t buy these things because here is a studio for works.

There are some electric products in here, one air conditioner (it’s necessary thing, isn’t it?), a radio cassette tape recorder, some floor lights (I like in a light of an incandescent lamp in the night because I use a fluorescent lamp when I work), heir drier, iron (it isn’t problem if I haven’t these two things), fax machine and lap-top computer. There are two telephone lines but I am using one.

After I bought a lap-top computer in year 2000; I came to be able to contact to Japan by e-mail and came to be able to watching a movie by DVD. In fact, I'm at a loss whether to buy a refrigerator in front of the electric appliance store sometimes, and I bought small ice-box because I also want to drink cool beverage. I usually make a beer and so on cool in that ice-box.

It is enough to live in here for the present because I have these things and I'm not only cook myself but also have a meal at the restaurant sometimes, and here is a space for painting. However it is my first experience to live in a studio so it was very hard for me at the beginning. But I’m getting used a little to live in here now.

Takanobu Kobayashi
# by kobabkk | 2005-12-08 23:51
◇ ホームページを開くにあたって
ひょんなことからホームページを開くことになりました。

自分のホームページを開くことなど思ってもいなかった僕は、以前から何度となく、その気になったらすぐに作れるよというサイトを運営している友人の勧めにもなかなかその気になれずにいました。どちらかというと石橋をたたいて渡るというタイプの決断をする僕にとって、ホームページを作るということに対して興味がなかったわけではなく、逆に日々の情報などはインターネットに頼ることのほうが多いくらいで(頼りすぎるのは危険だと思ってもいるけれど)、情報を享受する側としては、こんなに便利なものはないとさえ思っているくらいです。

しかし自分自身のものということになると話は別で、下手なものは作れないという気負いのようなものも芽生えてくるし、そこまでして作りたい何かがあるんだろうかとか、変に真面目くさっていろいろと考えてしまう性質で、もっと気楽に作ればいいじゃないかと思いながらもなかなかそう出来ないでいました。いよいよ作ってみようと思い決めたことになんら劇的なきっかけなどはなく、ただ機が熟したというほかありませんが、それも少し大げさな感じで、まあやってみるかといったような感じでしょうか。デザインや構成などはできるだけシンプルにしたいという希望を友人に伝え、彼の全面的な協力によってご覧いただいたようなものになりました。

このブログでは、自分の中のいろいろなことを、言葉でスケッチ、というとちょっとかっこつけすぎですが、親しい人に話すように気軽に書いていければと思っています。タイトルの「ごはん」は、食べるものというのは、自分を成り立たせている、あるいは自分の成り立ちに少なからず反映しているものとしてとても重要なものだという思いで付けました。僕自身食べることは好きだし、料理をする(といえるかどうか)ことにも面白みを感じています。日々の食べ物はつまるところ絵を成り立たせている要素のひとつでもあると思っています。

最初はなんだかよくわからないかも知れませんし、そう頻繁に更新することもできないと思いますが、続けていくことで、ぼんやりとでも何かを感じてもらえればと思います。写真なども添付しますので、気軽に楽しんでください。

まあとにかくはじめてみますので、よろしくお願いします。      

a0054925_12293482.jpg小 林 孝 亘


◇ About opening my own web site.

I opened my own web site unexpectedly.

Usually I want to consider about one thing for a long time. It's my character.
So I didn't want to have own web site when my friend who managed web site asked me that "do you want to open your own web site?"

I have had interest in making my own web site, and I often get everyday information and so on by the internet(But I also think about it's dangerous to depend too much). I have felt that the computer is such a useful tool since several years ago.

But it is different about my own web site. I worried that if I can’t make good one, and I asked me "is that really necessary for me?"
"Do I really have something which I want to make it?" I was very serious by my character at that time. But I wanted to think about that more easily. I could not do like that. It was also by my character.

It wasn’t by dramatic reason when I decided to make my own web site.
I think It was only "Time was ripe” It is a feeling exaggerated a little. In fact, it’s a feeling like “Anyway let's try!”

I wanted to make it simple design and composition, and I told to my friend my idea. At last, my web site was completed by his perfect cooperation.

I'll try to write my feelings that I felt in my everyday life. I hope that I can write this web log same like to talk to a close person. I have thought about "Meal" can make my existence or influences a great deal that origin for a long time, so I gave the titled "Meal" to this web log. I like to eat and interested in cooking (whether it can be called cooking).After all, I think that "everyday meal” is one of the elements of which my paintings is exist. I really think so.

It might not be understood well in the beginning, and I think that can’t up-date very often. But I wish someone feel something else by keeping on writing for a long time. I'll attach photographs too, so please enjoy it lightheartedly.

Anyway I'll try to begin!

Takanobu Kobayashi
# by kobabkk | 2005-11-27 12:30


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31